Art×Inori|KUTANI

Online Store

七音のこだわり

HOME > KUTANI × Art Concept

分骨用骨壷(アッシュボトル)のご使用について


The origin of Kutani porcelain is said around 1655.From now on, it will go back to ancient times about in about 400.The style was called "old Kutani porcelain." The feature is a vivid and bold design which mainly uses blue, green, and yellow. Though Kutani porcelain had time without activity, from the beginning of the 19th century, many kiln stood in a row again. Technology of Kutani porcelain further improved as "revival Kutani." GOSAI used five colors, and composition are the techniques of the feature.

Kutani porcelain was sent to the Vienna expo etc. for display as a typical Japanese work after Meiji Era. Furthermore, Kutani porcelain makes full use of various techniques, and begins to grope for the sense of values as a more modern work.

Finally in the 21th century, it became the "JAPANESE KUTANI" brand, Japan can send to the world with confidence. Sublimating to the domain of an art, Kutani porcelain polished tradition and has produced a new art work every day.

歴史が刻む、想いと温もり。

九谷焼の起源は1655年頃と言われ、今からおよそ400年ほど昔にさかのぼります。
当時の様式は「古九谷」と呼ばれ、青・緑・黄などを主とした色彩あふれる大胆な図柄が特徴でした。一度は活動のない時期もありましたが、文化4年頃からは再びいくつもの窯が立ち並ぶようになり、「再興九谷」として陶磁器の技術は質量ともに隆盛を極めます。

五彩と呼ばれる古九谷の流れを汲む鮮やかな5色を厚く盛り上げる絵付けと大胆な構図。時代を謳歌した加賀百万石の歴史と風土ならではの風格ともいえます。 明治時代に入ると日本の代表的な作品としてウィーン万博などにも出展。さらに多様な技法を駆使し、より現代的な作品としての価値観を模索しはじめます。

そして21世紀、日本が自信を持って世界へと発信できる「JAPANESE KUTANI」ブランドに。よりアートな領域へ昇華しつつ、伝統を磨きあげた新しい作風が日々生み出されています。

分骨用骨壷(アッシュボトル)のご使用について

|Detail

精細な無数の点描が重なり、波打つように広がってゆく「青粒(AOCHIBU)」。人の手によって寸分の狂いなく盛りつけられた青粒には職人の魂が宿ります。

A minute countless dot overlaps, and it spreads so that it may wave. "blue dots AOCHIBU".These dots are drawn by the craftsman's hand also as that of precise calculation.There is a craftsman's soul in it.

Size:約 W80×H80×D110mm
Material:磁器
Weight:約230g 桐箱入り
専用納骨ユニット付属
price: Open Price
[完全受注生産]

|Detail

古今東西人を惹きつける黄金の輝き。九谷の緻密な造形に寄り添うように滑る金の質感。追随を許さない独特の風格はアジアの枠を超えて世界へ。

Brightness of gold charms people of all ages and countries. The textures of Gold which gives power to precise modeling of Kutani porcelain have the peculiar dignity which does not allow other imitation. Kutani porcelain is trying to fly away to the world over the frame of Asia.

Size:約 W80×H80×D110mm
Material:磁器
Weight:約230g 桐箱入り
専用納骨ユニット付属
price: Open Price
[完全受注生産]

|Detail

DECOMORIと呼ばれる専用の絵具を用いた三次元の絵画。一珍(いっちん)と呼ばれる道具によって一筆ずつ立体的に描かれた精巧な模様は、二つとして同じものは存在しません。

This is called DECOMORI and is the three-dimensional pictures using paints for exclusive use.This pattern is drawn little by little in three dimensions with the tool called ICCHIN.The completely same thing as this does not exist.

Size:約 W80×H80×D110mm
Material:磁器
Weight:約230g 桐箱入り
専用納骨ユニット付属
price: Open Price
[完全受注生産]

分骨用骨壷(アッシュボトル)のご使用について

Use image

九谷焼製磁器オブジェと専用納骨ユニットが
セットになっています。

The unit which can lay the ashes is attached to the object of Kutani porcelain.

Use image

納骨ユニットのネジを開け、中に1cm以下の小さな遺骨を納骨します。
お骨はごく少量・ひとかけら程度を収納します。

Please insert a unit in the bottom of a Kutani porcelain object.
A unit is fixed to an object by magnetism if you insert a unit to the bottom.

Use image

納骨ユニットを九谷焼オブジェの底面に挿入します。
ユニットを奥まで挿入するとマグネットによって、
オブジェ内部に固定されます。

Please insert a unit in the bottom of a Kutani porcelain object.
A unit is fixed to an object by magnetism if you insert a unit to the bottom.

Use image

マグネットで固定されている事を確認後、飾ることができます。
挿入した納骨ユニットは力を加えればいつでも
取り外すことができます。

You can decorate, after checking that the unit is being fixed.
The inserted unit can be removed at any time.

 Art×Inori

ページスクロール