祈りと手元供養~いのりオーケストラ

いのりオーケストラブログ|ミニ仏壇・位牌・ミニ骨壷・遺骨ジュエリー いのりに関する新着情報をご紹介

お仏壇の新調と買い替え。不要になった古いお仏壇の処分について。

不要なお仏壇の処分

不要になった古いお仏壇はどうする?

古いお仏壇は「お焚上げ」を行い処分されるケースが一般的です。お仏壇を供養法要して処分していただく一連の流れをお焚上げ供養といい、お寺やお寺と連携した専門サービスに依頼します。お仏壇店によっては新しいお仏壇の購入時に古いお仏壇の引き取り・お焚上げを行っているところもあるようです。
一方で開眼法要などを行いご本尊の移動などが済んだ古いほうのお仏壇は役目をおえたとし、それぞれの自治体ルールに沿って木工家具として処分するケースもあるようです。また近年では、ほぼ無宗教でお寺さんとの付き合いもなく、故人の供養の場所としてお仏壇を使っていた方の場合も同じようです。他の品と同じく物としての感謝の気持ちを想いながら最後に簡単に掃除をするなどして手放すケースが多いようです。

お仏壇の「お焚上げ」とはどんな事をするの?

一般的には使用し終わったお仏壇やお位牌・仏具などを集め、お坊さんがお経をあげて、それら品々への供養法要を行います。ご本尊や祖先への感謝の気持ちを込めて行い、道具への感謝と大切さなどを改めて感じるためとも言われます。
その後焚き上げという呼び名通り、お寺の専用の一角にて焼却し灰にします。ただし現在では環境への配慮から野焼きを行わず、供養のあとは専用の施設・自治体ルールに沿った処分が行われるケースが多いようです。

お焚上げの「費用と金額」について

お焚上げの費用と金額ですが、お布施と同じく地域やお寺などによってやはり様々となります。お仏壇の大きさ・サイズでも異なりますがおおよそ数万円前後というケースが多いようです。一番最小の金額では1万円~という表示をしている全国対応のお焚上げサービスもあります。もしお付き合いのあるお寺さんがある場合には、そのお寺さんへまずは相談してみます。

古いお仏壇の「移動・輸送」について

大きなお仏壇の場合にはお焚上げを行うまでの、移動と配送についての配慮も必要です。お寺さんでお焚上げを行う場合には、お寺への持ち込みがほとんどです。お寺までお仏壇を自分で持っていける場合には問題ありませんが、一定以上のサイズとなると数人がかりでの移動となります。
大型のお仏壇の場合には引越し業者さんの大型便を使ったり、お仏壇店さん・便利屋サービスなどに個別に依頼をする必要があります。お寺さん・お坊さんにお渡しする金額の他にも、こうしたお仏壇の運送料などを事前に見積もり・調べておくと安心です。

お仏壇の入れ替えと・買い換えについて。

 

-手元供養と祈りについて
-,

Top view 人気の記事

日経おとなのOFF いのりのカタチ 1

日経おとなのOFF ~人生をより豊かにするオフ生活情報誌~ 2016/07月号(2016/6/6 発売) 仏壇は欲しいが ...

家庭画報A4仏壇掲載 2

家庭画報 2013.10【京都 美味の醍醐味】 美しき伝承というテーマを掲げ、次世代にも受け継いでいくべき伝統・文化を伝 ...